キーロフバレエのオーディション2012年01月10日 17時38分14秒

アメリカ、ワシントン, D.C.にあるキーロフアカデミーオブバレエのオーディションが一昨日神戸女学院で行われました。神戸女学院は西宮の門戸厄神に隣接し、危うく車の渋滞に巻き込まれるところでした。
会場に到着すると、ディレクターのMr. Martin Fredmannさんが保護者と熱心に話しをしていました。Martinさんからこの大学の島崎徹先生を紹介していただきました。控え室に入れていただき、両先生からいろいろなことを教えていただくことができました。
今回のオーディション参加者は男性2名を含め、全員で16名でした。オーディションはオープンで保護者の方々もバルコニーから見学することができました。
マーチンさん曰く、スクールによってオーディションは非公開のところが多くありますが、キーロフはできる限り公開しているとのことでした。私が12月にキーロフを訪問した際も、朝9時過ぎから、夕方6時まで、すべての施設を自由に見て下さい、といわれ、スタジオ、衣装部屋、教室、食堂、学生寮などを見せていただきました。
今回のオーディションの結果は、3月上旬とのことです。一人でも多くの方が合格すればと祈念します。


写真は、12月にキーロフを訪れた際に撮影したものです。広いスタジオを上の階からのぞけるようになっています。
レッスン風景の撮影も許可されましたので、後日YouTubeで紹介できればと思います。

バレエ留学
http://www.admission.co.jp/

海外留学相談室
http://www.asahi-net.or.jp/~tl2m-kbys/index.html

バレエ動画
http://www.youtube.com/watch?v=xGdHtLCjUM8

コメント

トラックバック