バレエサマースクール2011年08月25日 00時19分09秒

ロイヤルウィニペグバレエスクール
ロイヤルウィニペグバレエでのミーティングを終え、昨日午後にカルガリーに戻ってきました。
すぐに教育委員会を訪問し、今回アルバータバレエのオーディションに合格した生徒の受入についてミーティングを行いました。
バレエスクールが指定する高校は既に満席で、別のスクールで新しい生徒を受け入れていただく様に交渉を始めました。以前も同じようなことがあり、別の高校で何年間かバレエ留学生を受け入れていただいたことがあります。バレエ留学や特別な分野の留学の仕事をしていると、敷かれたレールにそって全てが順調にいくとは限りません。サンフランシスコバレエに入団した学生の場合も、バレエスクールが指定する高校から別の高校へ転校の許可をいただくまで、約2ヶ月も交渉に時間がかかり、許可をもらってからも指定高校から成績表などの書類をもらうため、現地の高校を訪問し、担当の先生に事情を説明して、やっと書類を作成してもらったことがあります。
アメリカの高校へテニス留学をした学生の時も、希望する受入学年の交渉の為にもサンディエゴまで出張することもありました。
今回もバレエスクール、教育委員会、新しい高校との仲立ちをして、新規の生徒の受入をお願いすることになります。

今日の夕方は、教育委員会のご招待でサマースクール参加者と一緒にカルガリーで一番有名な中華料理の夕食会に参加します。
今週末の発表会に備え、エネルギーの補充をしていただけると思います。

コメント

トラックバック